宮城県支部の活動

小学生が大活躍のハンド・イン・ハンド

2013年12月15日




第35回ハンド・イン・ハンドにさまざまな団体、学校での取り組みが行われています。
今年のテーマは「栄養不良から 小さな命を守ろう」です。

日本で暮らす私たちは十分な食物に恵まれていますが、開発途上国や紛争が起きている国、災害の復興途上ある国などでは、十分な食べ物がなかったり、栄養不良が日常化しています。
 
日本の子どもたちは、同じくらいの年齢の子どもたちが辛い思いをしていることを知り、募金活動を行い、ひとりでも多くのお友だちに手を差し伸べようとしています。

聖ドミニコ学院小学校のみなさんや、ガールスカウトのみなさんが街頭募金活動を行ってくださいました。保護者のみなさま、先生方のご協力もあり、スムーズな活動が行われました。
多くのみなさまのご支援ご協力に感謝します。ありがとうございました。