お知らせ

第39回ユニセフ ハンド・イン・ハンド(終了しました) 

2017年12月23日

ガールスカウトのみなさんも一緒です

ガールスカウトのみなさんも一緒です

ボランティアとして多くの方が参加

ボランティアとして多くの方が参加

他の団体も募金活動を行っていた時間でした

他の団体も募金活動を行っていた時間でした

『子どもたちに生きるチャンスを』
   幼い子どもたちの命と未来を守るため、ご支援をお願いします!

 世界の5歳未満児死亡率は1990年から半分に減少しましたが、その一方で、およそ約6秒にひとりの子どもたちが 予防可能な原因で5歳の誕生日を迎える前に命を落としています。
 先進国に生まれていれば防げたはずの感染症や下痢、栄養不良などで犠牲となる子どもの多くは、途上国の貧しい地域や紛争地帯、医療施設のない辺境の村々など、劣悪な環境で必死に生きる子どもたちです。
 世界のどこに生まれても尊い命。その一人ひとりに名前があり、家族があり、未来があります。

 ユニセフは、世界中のすべての子どもが生まれた国や境遇に関係なく等しく守られるように、母子をケアする検診や栄養補給、母乳育児の推進や保健員の養成、予防接種の普及に全力で取り組んでいます。

日時 12月23日(土・祝) 11:00〜12:30

場所 仙台市青葉区一番町

ボランティアとして70名が参加してくださいました。
最高気温が11度で、比較的暖かな日でした。このような穏やかな日はめずらしく、人通りも多いようでした。ご協力いただきました募金額は 91,394円でした。活動してくださいました皆さま、足を止めて募金してくださった皆さま、ありがとうございました。
ひとりでも多くの子どもたちが平穏な暮らしができますように。