お知らせ

3.11から6年 『あの日を語る、未来を語る』(佐藤敏郎さん講演会・終了しました)

2017年4月22日

震災前の大川小学校

震災前の大川小学校

講師の佐藤敏郎さん

講師の佐藤敏郎さん

2014年、女川中学校でアグネスさんを案内

2014年、女川中学校でアグネスさんを案内

一瞬にしてたくさんの尊い命、人々の生活が奪われたあの日からまもなく6年。
ユニセフは、日本ユニセフ協会を通じて約50年ぶりに日本を支援しました。
開発途上国で活動しているユニセフの日本人専門家12人が、東日本大震災の緊急・復興支援活動を応援するために、世界中から駆けつけました。宮城県にはソマリア事務所から國井修さん、ハイチ事務所から井本直歩子さん、ニューヨーク本部から福原美穂さんなどの応援をいただきました。初期のころにみやぎ生協に支援の協力要請を行ったことが思い出されます。3人とも生協の本部(文化会館ウィズ)にいらっしゃいました。被災地各地へ出向きましたが、4月はじめの女川町の入学式が印象に残る1シーンです。

その女川中学校で(当時は女川第一中学校)国語の教師をされていた佐藤敏郎さんをお迎えして、中学校での俳句の授業を通して、震災や津波と向き合ったことや、中学校に入学したばかりの1年生が中心となって「1000年後の命を守る」ための取り組みなどをご紹介いただきます。また、石巻市立大川小学校の遺族でもあり、「命を守る使命」「命の大切さ」についてのお話をしていただきます。たくさんの写真や映像も見せていただきます。


講演「みんなのこと、忘れないよ!〜あの日を語る、未来を語る」

日時:2017年4月22日(土)10:30〜12:30

会場:仙台市シルバーセンター 交流ホール(1階)
  (仙台市青葉区花京院1-3-2 電話 022-215-3191
  JR仙台駅、地下鉄仙台駅・広瀬通駅より徒歩8分)

講師:佐藤敏郎さん
     (元中学校教諭、小さな命の意味を考える会代表)         

募集:200名 (定員になり次第、締め切ります)

入場:無料 事前にお申し込みください。
  「参加券」をお送りします。

主催・申し込み:宮城県ユニセフ協会 (仙台市泉区八乙女4-2-2)
        電話 022-218-5358 080-5849-6072(五十嵐)
         Fax 022-218-3663
         E-mail sn.municef_miyagi@todock.jp