お知らせ

現地報告会「シリアからの叫び、分裂するイラク」 中止のお知らせ!!

2014年12月1日

(c)INDEPENDENT PRESS

(c)INDEPENDENT PRESS

(c)日本ユニセフ協会

(c)日本ユニセフ協会

予定しておりましたシリアの報告会ですが、講師の都合により中止いたします。

新たな内容:「ガザ・紛争下に生きる子どもたち」
報告者は、(認定)非営利活動法人地球のステージ職員:前田那美子さん、樫尾絵梨さん
ガザの子どもたちの心のケアで現地で活動している方々です。
一時帰国していましたので、急きょ報告をお願いしました。

日程と会場に変更はありませんが、内容が変わります。どうぞ、ご了承ください。




2014年、発生から4年目となるシリア危機。かつて中東の教育大国と言われ、高い就学率を誇っていたシリア。しかし、今や330万人の子どもたちが長引く紛争の影響で学ぶ機会を奪われ、暴力と破壊を目の当たりにするような生活を余儀なくされています。
いまや、政府対反政府という単純な構図ではなく、外国人も加わった過激派「イスラム国」や周辺諸国の思惑などが複雑にからみ、出口の見えない泥沼の戦いが続いています。
紛争のころから長く現地を取材している後藤さんが12月に帰国されます。仙台にお招きし、最前線で見たシリアの人々の「今」をお伝えします。私たちは遠い日本からどんなことができるのか、ごいっしょに考えてみませんか?

日時:12月6日(土)13:30〜15:00

会場:みやぎ生協文化会館 ウィズ2F会議室(定員100名)

講師:後藤健二さん(国際ジャーナリスト・仙台市生まれ)
   テレビの「報道ステーション」や「ニュース23」などでシリアの状況を伝えている

申し込み:電話、ファックス、メール等で事前にお申し込みください。
   受付後、『参加券』をお送りします。
     電話 022-218-5358 ファックス 022-218-5945 
     メール sn.municef_miyagi@todock.jp