お知らせ

TAP PROJECT は 東日本大震災を支援します

2011年3月14日

100円の募金で子どもが40日間きれいな水が飲めます  (C)日本ユニセフ協会/2009/katahira

100円の募金で子どもが40日間きれいな水が飲めます  (C)日本ユニセフ協会/2009/katahira

レストラン・カフェ等飲食店のみなさまへ

”TAP PROJECT 2011”参加へのご案内

タップ・プロジェクトとは、「レストランやカフェ等で提供されるお水に対しお客様に任意の寄付を置いていただく」という、2007年にニューヨークではじまった新しいタイプの募金活動です。

日本では、2009年に東京で実施したのを皮切りに、昨年3月には東京、名古屋、関西圏で実施、秋には神奈川で実施されました。これまで約2500万円の募金が集まり、アフリカ・マダガスカルにてユニセフが行う『水と衛生』事業に役立てられています。

今年の「タップ・プロジェクト 2011」は 3月19日(土)〜27日(日)の約1週間、参加店を全国に拡大して実施します。
このプロジェクトは、募金の場となるレストランやカフェなどのご協力が必要です。

100円の募金があれば、一人の子どもが40日間きれいな水を飲むことができます。



プロジェクトの詳しいご案内をお送りいたします。お気軽にお問い合わせください。2月上旬までにお申し込みいただけますと、ツールを期日までにお届けすることができます。

電話 022−218−5358   
E-mail   sn.municef_miyagi@todock.jp (宮城県支部)