お知らせ

パキスタン洪水へのご支援をお願いします

2010年8月28日

パキスタン 地図

パキスタン 地図

(C)UNICEF/NYHQ2010-1624/ZAK 仮設テントでの生活を余儀なくされている被災者。2000万もの人々が、この洪水の影響を受けました

(C)UNICEF/NYHQ2010-1624/ZAK 仮設テントでの生活を余儀なくされている被災者。2000万もの人々が、この洪水の影響を受けました

ユニセフは8月26日、パキスタン洪水被災地で展開されている人道支援活動に必要な資金が、洪水被害の拡大に伴い、今月5日に発表した当初見込みの4700万米ドルあまりから、そのおよそ3倍にあたる1億4100万米ドルに拡大したと発表。支援活動の現場では、既に深刻な活動資金の不足にも直面しており、国際社会からの資金援助が一刻も早く求められていると訴えています。

今月5日時点において320万人とされていた推定被災者数は、その後の洪水被害の拡大により、現在1700〜2000万人と推定されています。

ユニセフは現在、毎日被災者190万人に安全な水を供給。大型テントを使った仮設病院(25ヶ所)の設置や、63の緊急医療・保健支援チームの活動などを通じて、下痢性疾患と急性の脱水症状による子どもの死亡を防ぐための経口補水塩をはじめとする医薬品や出産に必要な資材の提供、はしかやポリオの予防接種活動とビタミンAの配布などを通じた感染症の予防、乳幼児の栄養不良を防ぐための高カロリービスケットなどの栄養強化食品の配布や母乳育児の推進などに加え、避難民キャンプへの仮設学校の設置(50ヶ所)、保護者と離れ離れになった子どもたちの発見と保護などの活動を展開しています。

しかし、資金不足から、これらの支援活動の継続が危ぶまれています。

さらに、こうした支援が届いているのは、まだ被災者の一部でしかありません。600万人が安全な水や衛生的なトイレの支援を必要としています。経口補水塩などを必要としている子どもたちは200万人。安全な出産への支援を必要としている女性は50万人。150万人の子どもたちに必要なワクチンが不足しています。80万人の子どもと120万人の女性への栄養面での支援がまだ行われていません。

これまでに、国際社会からユニセフに寄せられた金額は約3400万米ドル。約1億700万米ドルの資金が不足しています。

(財)日本ユニセフ協会は、緊急募金の受付を行っています。皆さまのご協力をお願いします。

【パキスタン緊急募金】
郵便局(ゆうちょ銀行)振替口座:00190−5−31000
口座名義:財団法人日本ユニセフ協会
※通信欄に「K1−040 宮城県支部 パキスタン」と明記してください。窓口からの振り込みの場合、送金手数料は免除されます。