お知らせ

【募集中!】国際理解講座「ガーナ協力隊活動と東日本大震災」(6/24開催)

2017年6月5日

ガーナの子どもたちと

ガーナの子どもたちと

ガーナの生徒たちと

ガーナの生徒たちと

ワタママ食堂(石巻市幸町)

ワタママ食堂(石巻市幸町)

『国際協力』とは『見て見ぬふりしないこと』・・・・

2005年、菅野さんはガーナで理数科教師として「青年海外協力隊」に参加しました。ガーナの暮らしや文化について、子どもたちの教育のこと、子どもたちの未来を守る活動についてお話しいただきます。2年間の任地での活動だけで終わらずに、帰国後もガーナの支援を継続されています。それはどのような活動なのか、日本で暮らしていてもできることのいろいろをお聞きします。

沖縄で暮らしていた2011年に東日本大震災が発生し、「協力隊OV有志による震災支援の会」を組織し、石巻市渡波小学校の避難所で支援活動を始められました。被災者の中から有償ボランティアを募り、「ワタママ食堂」をオープンし、日替わり弁当と惣菜の販売を開始し、地元渡波のお母さんたちが働く場の提供となっています。

国際協力と被災者支援・・・その情熱はどこから? 聞いてみましょう!

日 時 : 2017年6月24日(土)10:30〜12:00
会 場 : 日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)エッグホール
         仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5  022-276-2110
         ・・・地下鉄南北線旭ヶ丘駅下車 東1番出口より徒歩3分・・・
講 師 : 菅野芳春さん (一般社団法人ワタママスマイル代表理事) 
募 集 : 50名  <入場無料>
申し込み: 事前に お申し込みください 「参加券」をお送りします
         電 話 022-218-5358  080-5849-6072
         FAX  022-218-3663
         メール sn.municef_miyagi@todock.jp    
主 催 : 宮城県ユニセフ協会 (仙台市泉区八乙女4-2-2 みやぎ生協A棟3F)