お知らせ

3.11から6年 『あの時のこと、これからのこと』(2/25講演会 終了しました) 

2017年2月25日

2012年 日本ユニセフ協会からふじ幼稚園へカギの引渡し (C)日本ユニセフ協会/2012

2012年 日本ユニセフ協会からふじ幼稚園へカギの引渡し (C)日本ユニセフ協会/2012

木造の新園舎 (C)日本ユニセフ協会/2012

木造の新園舎 (C)日本ユニセフ協会/2012

119名の園児が毎日元気に通ってきています

119名の園児が毎日元気に通ってきています

一瞬にしてたくさんの尊い命、人々の生活が奪われたあの日からまもなく6年。ユニセフは、日本ユニセフ協会を通じて約50年ぶりに日本を支援しました。宮城県内では9ヶ所の「幼稚園・保育所の再建」支援を行いました。その1つに津波で被害を受けた山元町のふじ幼稚園があります。震災後、幼稚園のあるべき姿を模索して途方にくれる毎日だったという園長先生は、ユニセフからの支援に背中を押され、教職員や保護者の皆さまとともに、保育を継続されています。

講演「東日本大震災 〜 あの時のこと、これからのこと」

日時:2017年2月25日(土)10:30〜12:00

会場:日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室2(2階)
(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 地下鉄南北線旭ヶ丘駅「東1番」出口徒歩3分)

講師:鈴木信子さん(ふじ幼稚園園長)

募集:60名 (定員になり次第、締め切ります)

入場:無料 事前にお申し込みください。「参加券」をお送りします。

主催・申し込み:宮城県ユニセフ協会 (仙台市泉区八乙女4-2-2)
        電話 022-218-5358 080-5849-6072
         Fax 022-218-3663
         E-mail sn.municef_miyagi@todock.jp