お知らせ

写真パネル展「見えない脅威と闘う、"最初の1000日"」開催しました

2016年11月10日

(C)日本ユニセフ協会/2016/H.Nozawa

(C)日本ユニセフ協会/2016/H.Nozawa

(C)日本ユニセフ協会/2016/H.Nozawa

(C)日本ユニセフ協会/2016/H.Nozawa

展示の様子

展示の様子

2016年6月、アグネス・チャン大使は、20回目の現場訪問先となるグアテマラに到着しました。

コーヒーの産地として知られるこの国は、中所得国でありながら激しい貧富の格差や貧困率の上昇などの問題を抱え、5歳未満児のほぼ2人に1人が慢性的な栄養不良が引き起こす「発育阻害(はついくそがい)」に苦しんでいます。発育阻害は、痩せ細って衰弱する急性栄養不良と違い、外見には「見えにくい」ために見過ごされてしまいがちですが、心身の発達に取り返しのつかない影響を与える深刻な問題です。

対策の鍵となるのは、お母さんのお腹の中にいるときから2歳までの「最初の1000日間」の栄養改善。本写真展では、グアテマラでの発育阻害の実態とともに、家庭や地域、医療機関、政府など様々なレベルで取り組まれている「最初の1000日間」活動を報告します。

開催会場 みやぎ生協文化会館ウィズ 2Fギャラリー
開催日程 10月13日(木)〜19日(水)
     11月4日(金)〜9日(水)

開催会場 みやぎ生協 名取西店 2Fギャラリー
開催日程 10月20日(木)〜26日(水)

開催会場 みやぎ生協 白石店 2F
開催日程 10月27日(木)〜11月2日(水)