お知らせ

ユニセフのつどい2012in みやぎ〜地球のステージ〜 終了しました

2012年6月2日

案内役の桑山紀彦さん

案内役の桑山紀彦さん

心のケアのひとつとしてのジオラマ制作

心のケアのひとつとしてのジオラマ制作

宮城県ユニセフ協会では、毎年「ユニセフのつどい」を通して多くの皆さまにユニセフ活動をお知らせする機会を設けております。
昨年は、震災の影響で開催できませんでしたが、一昨年は国際ジャーナリストの後藤健二さん(仙台出身)の講演会を開催しました。
今年は、国際医療支援活動を行っている医師桑山紀彦さんの映像と音楽による公演会を開催いたします。特に、東日本大震災では直接医療支援活動に携わっている経験からの内容を中心に、ご参加の方々に自分たちの足元日本のことや、世界の現状にも目を向けていただく機会になれば幸いです。
       
日 時:2012年6月1日(金)10:00〜13:00
会 場:仙台市シルバーセンター 交流ホール(290名)
内 容:@宮城県ユニセフ協会の活動報告
    A公演「地球のステージ」(震災復興篇ほか)
    案内役 桑山紀彦さん(NPO法人地球のステージ代表)
     B東日本大震災のパネル展示
     Cユニセフ・グッズ販売
参加費:無料 (事前にお申し込みください)
後 援:宮城県、仙台市、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、河北新報社、NHK仙台放送局、エフエム仙台、仙台放送、東北放送、東日本放送、宮城テレビ放送
共催:宮城県生活協同組合連合会、みやぎ生活協同組合
主催:宮城県ユニセフ協会