お知らせ

第33回ユニセフ ハンド・イン・ハンドでボランティア活動を!

2011年11月24日

昨年の様子

昨年の様子

昨年の様子

昨年の様子

今年のテーマは「SOS! 栄養不良に苦しむ小さな命を守ろう!」
みんなで”手と手をつなぐ”ハンド・イン・ハンド募金キャンペーンを行います。

世界では5歳の誕生日を迎えることなく亡くなる子どもが年間760万人もいます。この死亡原因の1/3以上に栄養不良が深く関係しています。栄養不良の子どもは健康に育つことができないだけでなく、病気にかかりやすくなったり、病気が治りにくい原因になったりします。栄養不良がもたらす知能や体の発達の遅れは、その後も子どもたちの人生を脅かし続けます。

ユニセフではこれら栄養不良に対する対策として緊急時には、直ちに栄養が摂れるようにする「栄養補助食」を配布、長期的対策としては「発育観察」や「母乳育児の推進」、「微量栄養素」の配布などの支援活動を実施しています。

宮城県ユニセフ協会では、ボランティアのみなさまといっしょに「ハンド・イン・ハンド〜街頭募金活動」を行います。
多くの皆様のボランティア参加をお待ちいたしております。
1日保険をかけますので、事前にお申し込みをお願いいたします。

日時:2011年12月23日(金)11:00〜13:00

場所:仙台市青葉区一番町付近 2ヶ所(詳細はお問い合わせください)

申し込み先:宮城県ユニセフ協会 Tel 022−218−5358
            Fax 022−218−5945