お知らせ

『ソマリア干ばつ緊急募金』を開始します

2011年8月31日

somalia map

somalia map

日本ユニセフ協会は、1,240万人が支援を待つ、アフリカ東部へ緊急募金を受け付けています。

すでに「飢餓状態」が宣言されているソマリア南部を中心とするアフリカ東部一帯では、大規模な干ばつによる食糧不足、ソマリア国内の紛争、食糧価格の急騰等により、1,200万人を超える人々が緊急事態に陥っています。そのうち、緊急に支援を必要としている子どもたちは414万人。特に重度の栄養不良により命の危機に瀕している子どもたちは、30万人にのぼっています。
また、ソマリアの首都モガディシュでは、すでにコレラの流行が確認され、早急に適切な対策が講じられなければ、さらなる命が失われる恐れがあります。

ユニセフ(国連児童基金)は、現在、この緊急事態に対応すべく、子どもたちの栄養支援、水の確保、衛生環境の整備、感染症の予防等を中心に、総力を挙げて緊急支援にあたっています。
しかしながら、今年末までにこの緊急支援に必要な資金の総額は、3億6,000万米ドル。これまでにも多くの政府や、各国ユニセフ協会を通じて支援が寄せられているにもかかわらず、ユニセフは、いまだに1億2,000万米ドル以上の資金不足に直面しています。

◇ 募金のお願い ◇

『ソマリア干ばつ緊急募金』

郵便局(ゆうちょ銀行) 振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会

*通信欄に「K1-040宮城県ユニセフ協会 ソマリア」と明記願います。
*送金手数料は免除されます。

なお、今回のソマリア干ばつ緊急募金は、アフリカの角地域(東部4カ国:ソマリア、エチオピア、ケニア、ジプチ)の支援を対象としています。 皆様からの募金は、ユニセフ本部の募金状況に応じて、より活動資金の必要な国を優先に拠出させていただきます。

皆様のご協力をよろしくお願い致します。