お知らせ

子どもたちの笑顔をとりもどしたい!

2011年3月25日

23日に届けた女川町避難所で、ぬいぐるみに笑顔が! (C)日本ユニセフ協会/2011/K.shindo

23日に届けた女川町避難所で、ぬいぐるみに笑顔が! (C)日本ユニセフ協会/2011/K.shindo

パートナーであるコープの協力で支援物資が運ばれます (C)日本ユニセフ協会/2011/K.shindo

パートナーであるコープの協力で支援物資が運ばれます (C)日本ユニセフ協会/2011/K.shindo

ユニセフ物資供給センター(コペンハーゲン)からの支援物資第一便として成田空港に到着したユニセフの「箱の中の幼稚園」とレクリエーションキットが、25日(金)午後、宮城県石巻市の蛇田中学校に設置された避難所の子どもたちに届けられました。

蛇田中学校での避難生活を強いられている方々は、約590人。うち、50人ほどが子どもたちです。自身で和訳したユニセフのマニュアルなどを使い、集まった先生方やボランティアの方々、そして子どもたちに支援キットの使い方を説明したのは、今朝宮城県入りしたばかりのユニセフの教育支援専門家、井本直歩子さん(内戦のスリランカでの勤務の後、昨年1月の大地震やハリケーンなどで壊滅的な被害を受け、現在もその傷跡が深く残るハイチで働いている)

「避難所の子どもたちは、本当に元気でした。『箱の中の幼稚園』のジェラルミンとランクの蓋を開けて、中のものを見せたときの子どもたちの表情といったら!本当にこういう支援を待っていたんだと思いました。」(井本さん)

自然災害などの被災地では、子どもたちがストレスや恐怖を心の中に抱えてしまうことが多く、心理社会的な支援(心のケア)が重要です。ユニセフは、世界各地のこうした現場で、水や衛生、予防接種などによる感染症対策などの緊急支援と並行して、子どもたちの「心のケア」のために、学校や幼稚園活動の再開、そして子どもたちの「仕事」でもある「遊び」の機会を確保することも優先課題のひとつとして取り組んでいます。

その中で重要な役割を果たすのが、今回、石巻の子どもたちに届けられた、箱(ジェラルミンのケース)を開ければ、どんな場所でも幼稚園・保育園活動ができるよう、約50人分の知育教育玩具をセットにした「箱の中の幼稚園」と、約90人分のスポーツ用品やぬいぐるみなどの玩具をセットにしたレクリエーションキット、そして、40人分の教材がセットになった「箱の中の学校」です。

石巻での今回の活動は、ユニセフが通常開発途上国の現場で使っているこれらのキットの内容が、被災地の現状やニーズに適しているか否かを、実際に使われる先生方や子どもたち自身に評価していただくことを目的として実施しました。日本ユニセフ協会では、今後数箇所で実施するこうした活動と並行して、キット内容の見直しや、キットの配布を軸とした支援計画をまとめています。

・・・・日本ユニセフ協会HPより