宮城県支部の活動

ドキュメンタリー映画「地球のステージ・ありがとうの物語」上映

2008年12月5日

「ありがとうの物語」            (C)オフィスラフトQUA

「ありがとうの物語」         (C)オフィスラフトQUA

日本ユニセフ協会推薦のドキュメンタリー映画
     ・・・桑山医師&佐藤威一郎監督(仙台出身)来場!


大人の心も子どもの心も優しくなれる、たったひとつの物語

医師・桑山紀彦が紛争地や被災地で出会った人たち
             ・・・ 
山形の精神科医・桑山紀彦さんは、歌と映像と語りのライブ「地球のステージ」で紛争地や被災地で出会った人々とのふれあいの感動を語り続けています。東ティモール、フィリピン、カンボジア、クロアチア、パレスチナ・・・。紛争に苦しんている国や貧困にあえいでいる国々です。そこには、懸命に命を輝かせている子どもたちがいました。心に深い傷を負いながらも、前を向いて歩いている人が大勢いました。

カンボジアで出会ったリエム(14歳)には左腕がありません。地雷で吹き飛ばされてしまったのです。
フィリピンの少女・メリージェーン(16歳)。両親は彼女が5歳の時に家を出て行ったまま行方がわかりません。2歳違いの兄と力をあわせ、たった二人で働きながら生きています。
激しい暴動が続く東ティモールでは、バルタザール(19歳)とレオ(10歳)に出会いました。二人とも家を焼かれ狭いテントで暮しています。
クロアチアでは一人の女性を訪ねました。アリッサ(22歳)。アリッサは6歳のとき、戦争の恐怖から言葉を失ってしまいました。何とか言葉を取り戻そうと、桑山さんたちは長い年月をかけて「心のケア」に取り組みました。あれから9年・・・。アリッサの声は、心の傷は・・・?

日 時 12月5日(金)午前の部 10:30〜12:10   午後の部13:30〜15:10 2回上映します。開場は各々30分前。
             午前の部終了直後に、桑山医師が来場、挨拶します。

会 場 せんだいメディアテーク 7F スタジオシアター(仙台市青葉区春日町2−1)
入場料 1回500円 事前にお申し込みください。整理券をお送りいたします。
申し込み 日本ユニセフ協会宮城県支部 022-218-5358 FAX 022-218-5945
E-mail unicef@miyagi.coop.or.jp
主 催 「ありがとうの物語」上映実行委員会