宮城県支部の活動

みやぎ生協より、ミャンマーと中国への緊急募金540万円の贈呈を受けました

2008年7月29日

みやぎ生協 芳賀唯史理事長(左)、佐藤剛彦県支部会長(右)

みやぎ生協 芳賀唯史理事長(左)、佐藤剛彦県支部会長(右)

7月29日(火)、みやぎ生協理事会の席上、芳賀唯史理事長より宮城県支部佐藤剛彦会長へ緊急募金が贈呈されました。

  ミャンマー・サイクロン緊急募金 2,799,388円
  中国大地震緊急募金 2,625,388円
           合計 5,424,776円
●取り組んだ内容
みやぎ生協では、5月2〜3日に発生したミャンマー・サイクロン、5月12日に発生した中国四川大地震に対し、店舗への募金箱の設置や共同購入注文書での申し込みという方法で、また職員にも呼びかけ、「ユニセフ緊急募金」として募金に取り組みました。短い期間ながら、多くのメンバー(組合員)・職員からたくさんのご協力をいただきました。

ご協力ありがとうございました。