宮城県支部の活動

ユニセフのつどい2013〜朗読「星に昇った少年」を開催しました

2013年5月31日

朗読する六華亭遊花さん

朗読する六華亭遊花さん

ジオラマ あの日見た光景

ジオラマ あの日見た光景

写真パネル「シリア危機」 緊急募金を呼びかけました

写真パネル「シリア危機」 緊急募金を呼びかけました

多くのみなさまにユニセフの活動をお知らせし、世界の出来事や子どもたちの健やかな成長に関心を寄せ、ユニセフへご協力いただけるようなイベントを開催してきました。

東日本大震災から2年余が経ち、しだいに震災のことや津波のことが忘れられようとしていますが、震災のことを忘れてはいけない、語り継いでいきたいとの思いで、朗読会を開催しました。

5月31日、仙台市福祉プラザ・ふれあいホールに約220人の方々が参加されました。

「ハッピーバースデー3.11」の映像でつどいが始まり、清水智子宮城県ユニセフ協会専務理事のあいさつ、2012年度の活動報告のあと、朗読会に移りました。

名取市を中心に医療支援活動を行っている心療内科医の桑山紀彦さん(特定非営利活動法人地球のステージ・代表)が、「おばけでもいいからわが子に会いたい」という遺族のことばを聞いたことがモチーフとなって書き下ろしたオリジナル作品を、落語家の六華亭遊花さん(名取市在住)が朗読しました。

物語は、津波で大きな被害を受けた名取市閖上が舞台。震災1カ月後、4人の子どもたちが津波の犠牲になった小学生の「おばけ」と出会い、触れ合っていく中で、震災のことや「生と死」に向き合うというストーリーです。

遊花さんの朗読を引き立てたのが石橋優子さん(地球のステージ・スタッフ)のピアノ演奏です。

大勢の方々の涙を誘った朗読会でした。

ロビーでは、ユニセフ・カード&ギフトの頒布や、東日本大震災の「子どもにやさしい復興をめざして」写真パネル、「シリア危機」写真パネル、桑山さんが子どもたちの心のケア活動として取り組んだジオラマの展示を行いました。被災した児童の作った「あの日見た光景」「未来の閖上の街」を見ていただきました。

主催 宮城県ユニセフ協会、宮城県生協連、みやぎ生協
後援 宮城県、仙台市、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、河北新報社、NHK仙台放送局、エフエム仙台、仙台放送、東北放送、東日本放送、宮城テレビ放送