宮城県支部の活動

エルパーク仙台にてユニセフ写真展開催

2011年10月10日

展示風景

展示風景

ユニセフ・東日本大震災報告写真展を開催しました

地震・津波の被害の状況や、震災直後から支援活動を行っているユニセフの活動状況を写真で表しています。


「被災した子どもたちに寄り添う」ユニセフの支援は、「助かった命を守る」「水や衣料品を届ける」「学校を再開させる」「乳幼児の保健衛生」「幼稚園や保育所の再開」などを着実に行っています。
小さな存在の子どもたち〜とってもたいせつな子どもたち。
子どもにとって暮らしやすい社会は、大人にとっても暮らしやすい社会です。子どもの声を聞き、子どもが参画できるようになること、それこそ「Build Back Better(以前よりよくする)」につながります。

展示期間 2011年10月10日(月)〜16日(日)
      10:00〜21:00  (最終日17:00まで)
会場  エルパーク仙台 5F展示ギャラリー